男性が安さでパーソナルジムを選ぶならここ 料金順TOP8

「ジムに通いたいけど料金が高すぎる」と入会に踏み切れない方は多いと思います。

パーソナルジムはマンツーマンでそれぞれに合った指導をしてくれるため、料金が高額になりがちです。ただし、料金プランはジムによってさまざま。同じ2ヶ月のプランでも総額が10万円単位で異なることがあります。

そこで本記事では、費用が安いメンズ向けのパーソナルジムを紹介します。各ジムの特徴も徹底的に調査しているため、コスパの良さにも注目です。

「ただ安いだけだった…」と後悔しないよう、あなたに最適なジム選びをお手伝いします。

安いメンズ向けパーソナルジムと業界最大手ライザップの料金を比較

パーソナルジムといえば、ライザップを思い浮かべる方が多いでしょう。

芸能人を広告塔に、特徴的な音楽でビフォーアフターを見せるテレビCMが有名ですよね。いうまでもなく、業界最大手のパーソナルジムです。

しかし、ライザップは料金が高すぎるという評判も上がっています。そこで、ライザップと本記事で紹介するパーソナルジムのうち3店の料金を比較してみました。どれほど費用に差があるのか見ていきましょう。

各ジム1回当たりの料金はライザップの約1/2程度と、これだけでも安いということが分かると思います。ただ、料金が安いからサービスが劣っているということはありません。本記事を読めば、料金の安いジムでも充実したプログラムが用意されていることがお分かりいただけると思います。

メンズ向けの安いパーソナルジム8選

ここからは、ジム選びに迷うメンズ向けに料金が安いパーソナルジム8選を紹介します。今回紹介するジムをランキング順に並び替えるとこの通り。全てのジムは、2ヶ月(16回)プランで統一し集計しています。

  1. エクササイズコーチ
  2. グローバルフィットネス
  3. ミヤザキジム
  4. エススリー
  5. Bodyke
  6. 24/7ワークアウト
  7. パーソナルジム ビヨンド
  8. ダンディハウス パーソナルジム

それぞれのジムの特徴から注意点まで詳しく解説していきますので、あなたに最適なジムを選んでいきましょう。

エクササイズコーチ

出典:エクササイズコーチ公式HP

1つ目に紹介するジムは、エクササイズコーチ

エクササイズコーチはこんなジム!

  • たった20分のトレーニングで高い運動効果を実現
  • 最先端のAIマシンがあなたに最適なメニューを提案

たった20分でトレーニングが終わるため、仕事が忙しいメンズの方でも気軽に通うことができます。短時間のトレーニングを実現しているのは、最先端のAIマシンです。能力やコンディションに合わせたメニューを日々提案してくれます。効率的なトレーニングを望んでいる方には、とっておきのジムでしょう。

いますぐエクササイズコーチを体験してみたい方はこちらから

エクササイズコーチの料金表はこちら

入会金 ¥19,800
コース料金 ¥70,400
1回あたりの料金 ¥4,400

総額費用が10万円以下と、破格の値段設定。ただ、20分間のマシン主導型トレーニングをどう捉えるかが重要です。トレーナーはサポート役の立ち回りをすることが多くなります。1人のトレーナーがつきっきりということはないため、最初から最後までトレーニングの面倒を見てほしい方には、向かないかもしれません。

グローバルフィットネス

出典:グローバルフィットネス公式HP

2つ目に紹介するジムは、グローバルフィットネスです。

グローバルフィットネスはこんなジム!

  • お財布に優しい価格帯で高水準のトレーニング
  • 大会経験者多数の男性トレーナーが在籍

内装や広告費を最低限に抑えているため、通いやすい価格設定で高水準の指導を実現しています。トレーナーはボディメイクの大会出場者が多く、現役でトレーニングを続けているプロフェショナル達です。自身の豊富な経験を通じて、高レベルの指導を実践してくれます。

いますぐグローバルフィットネスを体験してみたい方はこちらから

グローバルフィットネスの料金表はこちら

入会金 ¥22,000
コース料金 ¥149,600
1回あたりの料金 ¥9,350

適正価格で高水準のトレーニングが受けられるグローバルフィットネスですが、「良くも悪くも普通」という声をあげる体験者もいました。場合によっては、物足りなさを感じることも…。体を鍛える環境に特徴的な魅力を求める方は、他の安いメンズ向けのジムを検討していきましょう。

ミヤザキジム

出典:ミヤザキジム公式HP

3つ目に紹介するのは、ミヤザキジム

ミヤザキジムはこんなジム!

  • 徹底的にこだわり抜いたトレーナーの質が高い
  • 体重を増やすことにも強みがあり、バルクアップも可能

ミヤザキジム1番の特徴は、トレーナーの質が桁違いに高いということ。その理由は、時給を4,000円まで引き上げ平均勤続年数7年のベテラントレーナーだけを揃えているからです。ダイエットよりトレーニングが難しいはずのバルクアップもミヤザキジムなら効果的に指導してくれます。

ミヤザキジムの料金表はこちら

入会金 ¥11,000
コース料金 ¥176,000
1回あたりの料金 ¥11,000

内装にはこだわらず器具とトレーナーにコストをかけることで、総額20万円以下を実現しています。さらに、体験当日の入会で入会金は無料に!

いますぐミヤザキジムを体験してみたい方はこちらから

まだモテ編集部では、ミヤザキジム新宿店にお邪魔して実際に体験トレーニングを受けてきました。その結果、トレーナーの質が桁違いという評判には納得。「トレーナーの質にこだわりたい」「バルクアップを目指したい」というメンズが安いジムを選ぶならミヤザキジムで間違いないでしょう。

ミヤザキジム体験記事をご覧になりたい方はこちら!

ミヤザキジムの評判 ”トレーナーの質”を体験検証

エススリー

出典:エススリー公式HP

4つ目に紹介するのは、エススリー

エススリーはこんなジム!

  • ダイエットに特化した洗練されたプログラムを用意
  • リバウンド防止のためのアフターフォローが充実

エススリーは、ダイエットに特化することで「痩せること」へのノウハウを蓄積しているジムです。トレーニングだけでなく、食事管理や生活習慣の改善まで徹底的にサポート。さらに、プログラム終了後にはリバウンド防止のためのメンテナンストレーニング(計2回)を無料で受けることができます。

いますぐエススリーを体験してみたい方はこちらから

エススリーの料金表はこちら

入会金 ¥42,900
コース料金 ¥160,600
1回あたりの料金 ¥10,037

入会金は42,900円と多少高額ですが、メンテナンストレーニング2回を踏まえると1回当たりの料金は実質1万円を切ります。

公式HP掲載の体験者からは「たったの2ヶ月間で12キロの減量に成功した」や「腰痛持ちでも痩せられた」という声があがっています。まだモテ編集部ではエススリーの評判を徹底検証した結果、公式HPの実績やアピールポイントが出まかせではないことを実感しました。

エススリーの評判を調査した記事をご覧になりたい方はこちら!

エススリージム評判 ”腰痛持ちでも痩せられた”

Bodyke(ボディーク)

出典:ボディーク公式HP

5つ目に紹介するのは、Bodyke(ボディーク)です。

Bodykeはこんなジム!

  • ”食べながら痩せる”をモットーに食事制限なしでボディメイク
  • サポート動画付きでボディメイクの正しい知識を獲得

Bodykeは、好きなものを食べながら痩せることを目標にしています。指導するのは質やタイミングを中心とした調整法で、食事制限はいっさいありません。食べることが好きなメンズにとっては、魅力的なポイントではないでしょうか。

食事制限なしのボディメイク法は、Bodyke独自のメソッドに基づいています。入会者は、ボディメイクの知識を身につけるために、80本以上のサポート動画が見ることが可能です。

Bodykeの料金表はこちら

入会金 ¥41,800
コース料金 ¥215,600
1回あたりの料金 ¥13,475

料金総額は、エススリーと同額で25万円程度。ただ、開始前と開始後に下記の2つのプログラム(各60分×1回)がついてきます。

  1. Bodykeフードマスタープログラム(食事管理を中心したボディメイクの知識を提供)
  2. ライフサポートプログラム(リバウンド防止のアドバイスとトレーニング)

一時的に痩せるのではなく理想的な体を維持するためのサポートが手厚いです。正しい知識を身につけながらボディメイクをしたいメンズの方には、Bodykeをおすすめします。

いますぐBodykeを体験してみたい方はこちらから

24/7ワークアウト

出典:24/7ワークアウト公式HP

6つ目に紹介するのは、24/7ワークアウト

24/7ワークアウトはこんなジム!

  • 完全個室制のプライベート空間でトレーニング
  • トレーニングウェア・タオルなどは無料貸し出しで通いやすい

ライザップに続く業界大手のジムで、北海道から鹿児島まで全国各地に店舗を構えています。完全個室性で誰にも見られることなく、マンツーマンでトレーニングを受けられます。さらにトレーニングに必要なものは無料で貸し出してくれるため、仕事帰りにジムに通いたいメンズの方でも安心です。

24/7ワークアウトの料金表はこちら

入会金 ¥41,800
コース料金 ¥215,600
1回あたりの料金 ¥13,475

総額は、257,400円。また、24/7ワークアウトでは48回まで分割払い(約¥4,000)で対応しています。

24/7ワークアウトを体験してみたい方はこちらから

業界大手のジムでダイエット成功者が多い24/7ワークアウトですが、こんな体験者の声もありました。

「トレーナーが変な人だった。担当変えてもらったら、知識のないただの若造だった。結果、途中で退会。 お金は戻ってきても、時間は戻らないし、嫌な思いは消えない。」

出典:Twitter@tokyoosakagirl1

公式HPでは質の高いトレーナーをアピールポイントに掲げていますが、その質には差があることが想定される内容です。こちらは、まだモテ編集部で調査済みですが、24/7ワークアウトに入会したのに「失敗した」という方も多いようです。

24/7ワークアウトの失敗談についてチェックしておきたい方はこちらの記事もご覧ください!

24/7ワークアウト失敗談が多数 成功者との違い

パーソナルジム ビヨンド

出典:ビヨンドジム公式HP

7つ目に紹介するのは、パーソナルジム ビヨンド

ビヨンドはこんなジム!

  • 環境・食事・トレーニングすべてが最高水準でコスパ最強
  • ボディメイクで高みを目指し大会出場も可能

ビヨンドは、本物だけが通うジムと評判です。採用倍率50倍をくぐり抜けたトレーナーが理想的なボディへと導いてくれます。体験者の中には、ダイエット目的から大会で入賞するまで成果を出した人もいます。コンテスト優勝者やファイナリストで構成されたボディメイクのプロが揃うビヨンドならではの実績です。ダイエットから本気のボディメイクを目指すメンズは、ビヨンドで間違いなしです。

ビヨンドのさらに詳しい評判を知りたい方はこちらの記事もご覧ください!

ビヨンドジム 評判 芸能人も通うほどの洗練されたパーソナルジム

ビヨンドの料金表はこちら

入会金 無料
コース料金 ¥281,600
1回あたりの料金 ¥17,600

こちらの料金は、食事管理もセットにした2ヶ月(16回)の短期集中プログラムでトレーニングをする場合です。ビヨンドでは回数券プランもあり、10回 ¥96,800からトレーニングを受けられます。まずは、安い価格でビヨンドを体験してみたいという方は回数券プランも検討してみましょう。

いますぐビヨンドを体験してみたい方はこちらから

ダンディハウス パーソナルジム

出典:ダンディハウス パーソナルジム公式HP

最後に紹介するのは、ダンディハウスパーソナルジムです。

ダンディハウスはこんなジム!

  • 特許を取得しているマシンを使ってラク痩せを実現
  • エステ事業で培った痩せるノウハウを活かし、効率的なダイエット

ダンディハウスは、「ラクに痩せられる」と評判のジム。その大きな要因は、寝ているだけで痩せることができる最先端のエステマシンの使用です。マシンを装着すると電気が全身に送り込まれることで脂肪が燃焼され、1時間有酸素運動をするのと同等の効果が得られます。トレーニングは嫌いでラクに痩せたいというメンズの方でも、安心して通うことができますよ!

ダンディハウスの詳しい評判をチェックしたい方はこちらの記事もご覧ください。

ダンディハウス評判 ”無理なく痩せられる”

ダンディハウスの料金表はこちら

入会金 ¥33,000
コース料金 ¥264,000
1回あたりの料金 ¥16,500

これまで紹介してきたジムと比べると高額の印象を受けますが、エステとトレーニングを掛け合わせたジムであることを踏まえると、納得の価格設定です。1回あたりの料金は¥16,500ですが、無料体験は¥5,500円で受けることができます。ダンディハウス独自のメソッド一度体験してみるのもオススメです。

いますぐダンディハウス パーソナルジムを体験してみたい方はこちらから

料金の安さでパーソナルジムを選ぶ際の注意点

安いメンズ向けのパーソナルジムに入会する前には、注意点があります。

今回紹介するのは、次の3つです。

  1. 入会金を含めたトータルの費用で判断する
  2. サービス内容や設備の充実度を知っておく
  3. トレーナーとの相性を確かめる

パーソナルジムを選ぶときに、料金を確認しない人はいないはず。ただ値段だけで判断するのは絶対にやめましょう。入会してから「失敗した…」と後悔しないためのポイントを解説していきます。

入会金を含めたトータルの費用で判断する

1つ目の注意点は、入会金を含めたトータルの費用で判断することです。

ジムによって料金形態はさまざまで、1ヶ月のトレーニング回数や1回当たりの時間も変わってきます。入会金も例外ではなく、5万円かかるジムや無料のジム、体験当日の入会なら無料のジムがあります。公式HPでは「月額〇〇円!」など、アピールポイントを宣伝することがほとんどです。

限られた情報をチェックするのではなく、トレーニング時間や回数、入会金の有無までトータルした費用を計算して入会を検討しましょう。

サービス内容や設備の充実度を知っておく

2つ目に紹介する注意点は、サービス内容や設備の充実度を知っておくことです。

安いジムを選ぶときは、その料金でどこまでサービスをしてくれるかを調べておきましょう。特に、注目してほしいのは食事指導の有無や内容。料金の安いジムは、食事指導がなかったり追加料金を支払ったりすることもあります。パーソナルジムに食事の管理までしてほしい方は、必ず入会前にチェックしておきましょう。

さらに、設備の充実度にも注目です。例えば、シャワー付きのジムもあれば、最低限のコストに抑えるためにシャワーの無いジムもあります。トレーニング後に長時間電車に乗ったり、予定があったりする場合はシャワーがないと不便ですよね。

自分にとっては譲れないサービス内容や設備環境が整っているジムかどうかを事前に調べておきましょう。

トレーナーとの相性を確かめる

最後の注意点は、トレーナーとの相性を確かめること

パーソナルジムではマンツーマンで指導を受けるため、トレーナーへの信頼度が大切です。特に安いパーソナルジムでは、人件費を削減しているため指導の質が低いという可能性も。いくら正しいことを言われても「なんか、この人合わないんだよな」と感じているようではトレーニングに集中できないですよね。

そこで、入会前に無料カウンセリングや体験トレーニングを受けて、トレーナーとの相性を確かめましょう。ただし、体験時のトレーナーが担当にならないジムも多くあるので、それについて確認しておくと、さらに安心です。「この人ならついていきたい!」と思えるトレーナーのもとで、充実したジムライフを送りましょう。

正しく安いメンズ向けのパーソナルジムを選んで理想の体に

安いパーソナルジムに入会する場合も、各ジムの特徴を理解して正しく選ぶことが重要です。もう一度、本記事で紹介したメンズ向けの安いパーソナルジムをまとめておきます。

  1. エクササイズコーチ
  2. グローバルフィットネス
  3. ミヤザキジム
  4. エススリー
  5. Bodyke
  6. 24/7ワークアウト
  7. パーソナルジム ビヨンド
  8. ダンディハウス パーソナルジム

最後に、あなたがパーソナルジムに通う目的は何かもう一度考え直してみてください。「2ヶ月で10キロ痩せたい」「コンテストに出れるほど綺麗な肉体美を身につけたい」など、目標は人それぞれですよね。

その目標を達成するために、必要なサービスを最低限提供しているジムはどこかという視点を持つことが重要です。そうすれば、自ずとコスパの良いジムに巡り会えます。あなたに最適な安いジムを正しく選び、理想的な体を目指しましょう。

メンズにおすすめのジムを目的別で紹介した記事も合わせてご覧ください!

男性におすすめのパーソナルジムTOP8

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。